音楽が子どもに与える影響

言語能力が向上する

ピアノなどの楽器を習い始めると、音符や鳴っている音に子ども達は注意を向けるようになります。自分の鳴らす音や、先生のお手本の音、お友達の音などが自然と耳に入ってくるのですが、メロディやリズムはとても複雑なので、音楽を習うと耳が鍛えられるようになるのです。

小さいうちから耳を鍛えておくと、音の違い、言葉の発音の違いなどに対して敏感に気づけるようになり、外国語を習得していく上でも基礎的な能力を身に付けられることとなります。

協調性・社会性が身につく

他の生徒さんと、ピアノを通じて接することができ、相手の良いところや尊敬する気持ち、教えてあげるなど社会的な能力が身につくようになります。

誰かのように上手に弾けるようになりたい、などという想いが、自ら積極的に学びに行く気持ちや、頑張りたいという気持ちを引き出します。

知能の活性化につながる

子どもの脳は、日々とてつもない速度で発達していきます。特に小学校低学年までの子供たちの脳は毎日何かを吸収して、一年でも見違えるほど色んなことを覚えていきます。

そんな時期の中で沢山の音楽に触れると、脳に良い刺激が与えられ、大きな活性化につながると言われています。この時期に活性化した脳は、生涯生きると言われていますので、成長と共に音楽を学ぶのは非常に良いことといえるでしょう。

何歳からピアノを習わせたらいいの?

ピアノは「鍵盤を弾けるくらいの指の力がある」ことや「音の名前や、鍵盤の位置などが理解できる」ようになる4~8歳頃から習い始めると良いでしょう。

ただ早ければいいというものではなく、ピアノの基礎を始めるまでの下地ができてから始めることをおすすめします。

pagetop